世界銀行、カンボジア経済の前向きな予測

今年のカンボジアの経済成長に関するこれまでの予測は、プラスの金利を示していなかったが、「世界銀行の2020年10月の東アジア太平洋経済アップデート」は他の金融機関よりも良い金利を予測した。世界銀行によると、カンボジアの内需は徐々に回復しており、現在の二国間貿易交渉の見通しも良好であり、2021年には4.3%、2022年には5.2%の経済成長を見込んでいるという。

しかし、COVID-19の世界的な感染拡大により、生活保護世帯に悪影響を及ぼし、貧困が増加する可能性があるため、今年のカンボジア経済はマイナス2%の縮小を予測していると報告書は指摘している。

ソーシャルディスタンスの緩和に伴い、カンボジア国内の経済活動は徐々に正常に戻ってきており、国内旅行や観光などの国内需要が持ち直している。最近、ASEAN + 3マクロ経済研究室(AMRO)は、カンボジアのGDP成長率がアジア開発銀行(ADB)のアジア開発見通し(ADO)2020アップデートと同様になると予測している。AMROは、今年のカンボジアの経済成長率は-4.5%で、来年は5.4%に成長すると予測しており、ADOの予測である5.5%よりも低くなっている。

ADBが毎年発行している主要な経済出版物では、2020年のカンボジアの国内総生産において4.0%の縮小を予測している。

(各種ニュース記事を参考に編集・作成しています。)