世界銀行 カンボジアの成長に明るい見通し(10月13日)

世界銀行カンボジアの成長に明る見通し(10月13日)

 

世界銀行が発表した東アジア・太平洋の経済に関する報告書と同様、昨年のカンボジアの経済成長率は6.9%だったのに対して、今年は7%の成長率が見込まれています。

木曜日に発行された同報告書では、この結果は、投資家の期待と政府による支出の増加によって支配されている、と仮定しています。

「今年の世界的需要がピックになる中、カンボジアの成長率は堅調に推移する、2019・2020年には6.8%に落ち着くと予想されている」

「急速な経済成長が貧困問題の改善につながることが期待されている」と世界銀行が発表しました..

アジア通貨基金(IMF)は週明け、今年の経済成長率は7.25%に拡大する予想しました。

世界銀行は、衣料品、靴、旅行用品の今年上半期の輸出が16%増加し、衣料品業界で使用される原材料の輸入は同期間に37%に増加して言及した。

しかし世界銀行は、カンボジアが直面して得意なくつしたの課題とリストを取り上げ、経済成長に影響を及ぼし、可能性があると述べました。

世界銀行は、急速な成長を維持し、自己資本への過度の依存を低下させた、カンボジアは、金融商品の多種化、国内債券市場の発達等の強化を通じ、国内貯蓄と投資を増やす必要があると述べました。

出典:プノンペンポスト

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。