不発弾が爆発 1人が死亡、9人が負傷(1月15日)

不発弾が爆発 1人が死亡、9人が負傷(1月15日)

昨日の朝105mmの不発弾がTboung Khmumで爆発し、9人が負傷、1人が死亡しました。負傷者の1人が不発弾から釣り道具を作ろうとしたことがこの爆発の原因です。

副州知事のHak Sok Makara氏および地方鉱山行動委員会の委員長は昨日、4人が不発弾を家に持ち帰り、解体して釣り具を作ろうとしたと述べました。

その後、不発弾が爆発して家にいた4人は負傷し、と同時に家から飛び出た破片によって5人が負傷、近所に住んでいた26歳のVan Kea氏が死亡しました。

「爆発で1人が死亡し、9人が負傷しました。負傷者は現在Kampong Cham州立病院と7D病院で治療を受けています。」とSok Makara氏は述べました。

Kea氏の家族には約100ドル、負傷者の家族にはそれぞれ約50ドルが治療費として支給された、と彼は付け加えました。

Tboung Khmum地区の警察署長であるMung Raya氏は昨日、その砲弾はKampong Cham州のガラクタ販売店で購入され、同地区へ配達されたと述べました。

「爆発した際、家から飛び出た破片によって、家で魚を焼いていた男性は死亡しました。砲弾を解体していた人々は怪我をし、家の外にいた人々も破片で怪我をしました。」

「我々は彼らに事情聴取をし、彼らは以前にも同様のことを4〜5回行いましたが何も起こらなかったことが分かりました。ですが今回は爆発したので事情が違いました。お願いします、皆さんは慎重になり、不発弾の解体を避けるべきです。」と彼は付け加えました。

犠牲者の遺体は、葬儀のために彼の家族のもとへ帰ったといいます。

出典:Khmer Times