ローンの再編を求める声(ビデオ付き)(5/13)

カンボジアマイクロファイナンス協会(CMA)は月曜日、Covid-19のパンデミックの影響を受けた少なくとも110,000人の債務者がローンの再編を要求しており、その数は増加すると予想されています。

CMAの代表者Kaing Tongngyはポストに、5月8日の時点で、約110,000人の債務者がローンの返済を遅らせるか、再編するよう求めていると語りました。

「要求の90%はマイクロファイナンス機関[MFIs]によって承認されました。数は跳ね上がるかもしれないです。」と彼は言いました。

Tongngyは、各MFIの裁量で融資が行われたため、債務者がどのセクターから来たか、またはどこに住んでいるかについて詳細な情報を提供することはできないと述べました。

また、カンボジア国立銀行(NBC)が設定した条件に基づく個別の要求に応じてのみ、融資の再編を処理できると述べました。

3月に、彼はNBCがMFIがそのような要請を許可する際に従うべき9つの条件を定めたと言いました。債務者は、利息または元本を支払うことができます。

彼は、ほとんどの債務者が3か月から6か月の猶予期間を要求し、利息のみを支払うことに同意したと述べました。

Prasacの副社長Say Sonyは月曜日、40万人を超える顧客の間で融資再編の要求は1000件に満たなかったと述べました。彼はPrasac がNBCによって設定された条件に基づいて各要求を承認したと述べました。

「彼らの顧客はNBCが優先する4つのセクターに属しているため、ほとんどのリクエストはシェムリアップ州からのものです。しかし、ローンの再編を要求した人の数は多くはなく、1,000人未満と言えます。」と述べました。

Sonyは、観光が主な収入源であるため、シェムリアップはCovid-19のパンデミックの影響が大きく出た最初の州であると述べました。

「私たちはクライアントの要求に応える際に、クライアントの状況を評価し、双方共に受け入れられる適切な解決策を見つけるためにクライアントと話し合います。」

「我々は、NBCのガイドラインに従うことにより、彼らが地区やクライアントのタイプ、それらへの影響の深刻さ、および各顧客の実際の状況に基づいて問題に取り組んできました。」と彼は言いました。

Channyでは、Acleda Bank Plcの社長兼グループマネージングディレクターが月曜日に、ローンの再編を要求した顧客の数について手元に数値はないと述べました。同氏によると、顧客が依然として通常の収入を維持していることが判明した場合、一部の要求は部分的に承認されることとなります。

3月、NBCは、パンデミックの影響が最も大きい4つのセクター、すなわち観光、衣服、建設、輸送のセクターに特に注意を払うように、銀行とMFIに円形の指示を出しました。

(出典:The Phnom Phen Post)