ラオス、約370億ドルの資金を調達(5/16)

ラオス政府は、1980年代に市場志向の経済が導入されて以来、6,000を超える投資プロジェクトを承認し、合わせて370億ドル近くの資金を調達しました。

公共投資と民間投資の管理を担当する計画投資省は最近の数値を発表しました。1989年から昨年までの投資プロジェクトの総数は6,144で、投資額は36,899,098,671ドルでした。

政府は、1980年代半ばに開放政策を導入した後、民間投資を奨励し始めました。これにより、民間部門が経済成長と国家開発の推進に大きな役割を果たすことができました。

同省のウェブサイトに掲載された統計によると、投資プロジェクトの総数のうち、2,621のプロジェクトに対してラオスの事業体から130億ドルの資金が提供され、残りのプロジェクトは外国からの資金でした。

中国は、862のプロジェクトを持ち、合計で100億ドルの投資価値を持つ、トップの外国投資国です。タイとベトナムは、それぞれ47億ドルと39億ドルの投資額で2番目と3番目に大きい外国人投資国に選ばれました。

1989年から2019年にかけてのその他のトップ10の外国投資国は、韓国、フランス、米国、日本、マレーシア、オーストラリアでした。カンボジアは投資額が8,363,324ドル、11のプロジェクトで23位にランクインしました。

1989年から2019年にかけて、ラオスと外国の企業の間で最も人気のある投資部門は発電であり、これは約140億ドルの投資を呼び込み、最大の投資部門でした。

この期間中にラオスと外国からのかなりの資金を集めた第2セクターは鉱業で、総投資額は75億ドルでした。高水準の投資を呼び込んだ他の部門は、サービス、農業、産業および手工芸品でした。

今後数年間で民間投資をさらに促進することが政府の方針です。政府がより多くの投資を奨励するために取った措置の1つは、ビジネス環境を改善し、企業がラオスに投資し、運営しやすくすることです。

企業がビジネスを開始しやすくするために、政府は企業が許可を求める必要のあるビジネスのリストを発行しました。管理対象事業リストに含まれていない種類の事業は、制限なく実施することができます。

同省は、新規事業者の状況を改善するために、事業者が投資許可や必要な事業関連書類をより簡単に取得できるようにするワンストップサービスを設定しました。

また、ラオスの未開拓の巨大な可能性を秘めているセクターの一つは、豊かな肥沃な土地の農業です。これは、近隣の中国での農産物の急増する需要によって、さらに魅力的になります。これは、ラオスへの投資を後押しするのに役立ちます。

カンボジア商務省のデータによると、カンボジアとラオスの間の二国間貿易は、昨年1,000万ドルを超え、2018年から11%増加しました。王国は245万ドル(前年比66%増)を輸出し、760万ドル(最高)を輸入しました。 349%)。

カンボジア観光省のデータによれば、ラオスはカンボジアで4番目に多い観光客を持ち、昨年カンボジアに旅行したラオス人は363,951人で、前年比14.6%減少しています。

(出典:The Phnom Phen Post)