モンドルキリ、持続可能な観光開発を期待

モンドルキリの観光開発基本計画は現在進行中であり、持続可能なグリーンツーリズムに重点を置いている。

観光大臣であるThong Khon氏は最近、州の関係当局と基本計画案についての会議を開いた。彼は持続可能な成長へ向けて、観光開発基本計画はモンドルキリでの先住民族を含む天然資源と文化的個性の保護を優先すると強調した。それにより、州の観光開発は地元の人々、地域、そしてカンボジア全体に永続的な利益をもたらすと彼は付け加えた。

会議では、戦略的優先事項に加え、州の観光開発の展望と目標、観光資源、基本計画の本格展開へ向けた制度的能力や構想も決議された。

さらなる投資と開発の優先分野には、Phnom Prech、Nam Lear、Lumphat、 Keo Seima and Sre Pok 野生生物保護区、Busra-Dakdam 文化およびエコツーリズム地域が含まれる。

Thong Khon氏はモンドルキリの観光開発基本計画が2020年から2035年の国の観光開発と整合性が求められるとし、適切な私有財産の登録を確実にし、開発プロセスにおける土地侵入を回避するよう関係当局に要請した。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)