マングローブ400haの占有権を省が調査

農林水産省は、シアヌークビル州プレイノップ地区にある 400ha 以上の浸水マングローブ林を、1人の人物が占有する権利を持っているかどうかを調査している。

 

この調査は、政府が2017年に国有私有地として再分類し、26世帯に割り当てた後も、1人の富豪が400ha以上にもなる28の土地の権利を受け取っていたとする、地元メディアによる一連の報道を受けて行われている。

12月15日、農務省水産局のオウチ・ヴータ部長は、同省がマングローブ林の占有に関連する文書を収集するために作業部会を設置したと語った。

2017年の政令では、2002年に設立された保護林地からプレイノップ地区の423.1661haを控除した後、国有私有地として再分類し、分割と区画番号の割り当て、26世帯に所有権を与えることが発表されている。

同政令では、26世帯が誰であるか、また区画分割が行われたかどうかは明記されていない。唯一の詳細は、この地域にある4.8626haの土地を国有の公有地として維持することである。

400ha以上の土地を不法に取得した罪で告発されているオクニャ・キエン氏、そして地方の土地管理局のチェン・スロン局長からは、コメントを求めることができなかった。

州庁舎の広報官は、オクニャ・キエン氏が合法的に土地の所有権を取得したかどうかは定かではなく、26世帯から購入した可能性があると述べた。

また、地方行政の作業部会は、疑惑を調査・調査するために関連文書を収集すると語った。

「我々は、26世帯の私有地所有権を主張する政令を見ているが、オクニャ氏が彼らから土地を購入した可能性がある。しかし、彼は情報を州政府に提供しておらず、非難は避けられないため、調査を行います。」と述べた。

(各種、ニュース記事を参考に作成・編集しています)