マネーロンダリング防止へ(ビデオ付き)(5/9)

ロイターが閲覧し、木曜日に公開される予定の文書草案によると、カンボジアと他の11か国は、マネーロンダリングとテロ資金調達防止に取り組むことができなかったためにEUの金融システムに「重大な脅威を与える」国のリストに追加される可能性が高いと発表しました。

カンボジアは、パナマ、バハマ、モーリシャス、バルバドス、ボツワナ、ガーナ、ジャマイカ、モンゴル、ミャンマー、ニカラグア、ジンバブエに加わり、10月に発効される予定です。

すでにブラックリストに載っている国は、アフガニスタン、イラク、バヌアツ、パキスタン、シリア、イエメン、ウガンダ、トリニダードトバゴ、イラン、北朝鮮です。

リビア、および米領サモア、米領バージン諸島、プエルトリコ、グアムを含む4つの米国領土は、異議申し立てにより除外されました。G20議長国のサウジアラビアもまた、石油生産の発電所からの「圧力」の後、リストから免除されました。

カンボジアは昨年2月、金融行動特別調査委員会(FATF)の「グレーリスト」に再び入りました。

王国の地位を向上させるために、内務省は2つの法案に取り組んでいます。1つはマネーロンダリング防止とテロ資金調達に関するもので、もう1つは核拡散防止資金との戦いに関するものです。

先週の火曜日、Sar Kheng内務大臣は、承認のために閣僚理事会に提出する前に、法案の最終レビューのための会議を招集しました。

Sar Kheng氏は、FATFのグレーリストにカンボジアが入ることは、企業が国に投資することを思いとどまらせると述べた。また、社会の進展を踏まえ、カンボジアで特定のマネーロンダリング防止メカニズムを採用することを要求する国際基準に沿った法律が起草されたと述べました。

「カンボジアは、投資家の信頼を回復するためにこれらの2つの法律を採用することにより、グレーリストから抜け出すために自らを発展させる必要があります。」と彼は言いました。

国務省のNgy Chanphal国務長官は、法律の草案が完成し、大臣がそれらを閣僚理事会に送る途中であることを木曜日にポストに確認しました。

「私たちは国連の枠組みの中でこれに取り組んできました。私たちは明確な行動計画と期限を持っており、すべての条件を満たしているので、ニュースレポートについて心配する必要はありません。」と彼は言いました。

Chanphal 氏は、カンボジアが国連安全保障理事会のガイドラインに完全に従っていることを指摘しました。

Transparency International CambodiaのエグゼクティブディレクターのPech Pisey氏は、スイスのBaselを拠点とする別のマネーロンダリング指標であるFATFグレーリストに加えて、カンボジアを2018年に最もリスクの高い7か国にランク付けしたと語りました。

「EU委員会がカンボジアを財政リスクをもたらす州のリストに含めると、大きな打撃となるでしょう。カンボジアがグレーリストに載せられたとき、それはその国がマネーロンダリングに対して非常に脆弱であるという合図です。」

「マネーロンダリングとテロ資金調達は、個人やある集団に対する強化のために国家の資源が盗まれている兆候を示すので、経済を不自由にし、国際金融をゆがめ、市民に害を与え続けています。

「政府への税金は支払われていないか、公正に支払われていません。国の開発資源は枯渇しています。」と述べました。

ブラックリストは国のイメージを台無しにする可能性が最も高く、潜在的にカンボジアの財政、投資および貿易の流れに影響を与えるとPiseyは言いました。カンボジアに拠点を置く国や個人は、国際金融システムを使用することがより困難になるかもしれないと彼は言いました。

ロイターが見た文書草案の1つは、EU内で金融不正を処理するためより多くの権限を与えることを提案しています。

EUは2023年までに銀行での査察を実施し、疑わしい国際取引を特定し、制裁を課すために共通の監督機関を設立する可能性があると、草案に記述してあります。

承認された場合、銀行やその他の金融および税務会社は、ブラックリストに含まれている国との取引があるクライアントをより綿密に調査する必要があります。これらの国の企業はまた、新たなEUの資金を受け取ることも禁止されています。

Piseyは、カンボジア政府がマネーロンダリング防止法を採択したことを賞賛しました。

「政府は、デューデリジェンス[顧客または投資の適切なチェック]、記録の維持、不審な活動の報告などのマネーロンダリング防止に準拠するために、高額商品を取引する非金融ビジネスに対する規制を完全に施行することをお勧めします。 ” 彼は言った。

正義、平等、法の支配に基づいたEU委員会代表者であるChristian Wigandは、報道陣のコメント要請には応じませんでした。

(出典:The Phnom Phen Post)