プノンペン知事発言撤回無料バスは投票購入ではない(4/13)

412日プノンペン市役所の議長でもあるプノンペンの知っては、メール新年の間に無料のバスに乗ることを推奨政策を政府が票を買うための戦術であるという意味を逆転しました。

首相は先週、シティホールがすべての市民と労働者のために120台の公共バスを予定から他の街へ、そして412日から18日まで無料で運転するために分類していると発表しました。

市営バスの停留所で記者団に語りSreng氏は、この事業はメールの新年の間に故郷を訪れた人々の困難や懸念に取り組むことを目的としていると述べました。

フン・セン氏は票を買うたんんめいいにこくくれをしてるてるない2018年以降にこれを行う理由はありません。国政選挙の1年後の2019年のではす。互いの民の気をかっのための経費を減らすのに役立つです。彼の決断に対するこの批判は根拠のないものです。」

首相はまた、新年またはPchum Benの休暇中には料金を上げないように民間バス会社に依頼しました。です。信頼しました。

出典:クマー・タイムズ