プノンペンージャカルタ間の直行便をスタート(6/22)

プノンペン国際空港に金曜日の午後2時頃に着陸したジャカルタからのCitilinkの初飛行には合計67人の乗客が搭乗していました。

インドネシアの航空会社Garudaの子会社であるCitilinkは、月、水、金曜日に運航する週3回のフライトに、180人乗りのAirbus320航空機を使用しています。

このサービスは、インドネシアとカンボジアを往復する旅行者の旅行時間を短縮し、旅行の選択肢を増やすのに役立つ直行便を提供することで、両国間の航空交通を促進するのに役立ちます。

この新しいルートの立ち上げは、インドネシアとカンボジアの外交関係の60周年を記念するための手段として役立ちます。

シティリンク・インドネシアの副社長、コーポレート・ストラテジーのHeriyanto氏は「両首都を結ぶために、シティリンクからジャカルタプノンペンへの直行便を運航しました。」と述べています。

「私たちはこの新しい航空便がインドネシアとカンボジア間のパートナーシップを強化できることを願っています。また、この新しい直行便は、東南アジアの2つの近隣諸国を結ぶだけでなく、文化、経済、政治、社会など、多くの分野でより多くのパートナーシップの可能性を獲得することができると期待しています。」とHeriyanto氏は付け加えました。

カンボジア空港の代表Phillipe Araujo氏は、ジャカルタとプノンペン間のこのサービスの直行便はプノンペン国際空港のための新しいマイルストーンであると述べました。

新しい航空会社を歓迎し、新しいルートを開くことは画期的なことです。

同氏は、最近の新路線の発足は、年が終わったときにプノンペン国際空港で過去最高の交通量の高さに到達するであろうと付け加えました。

Araujo氏は「成長に対応するために、私達は顧客へのサービスの質を強化しながら、私達の施設の拡大と運営プロセスのさらなる改善に投資し続けています。」と述べました。

 

出典:クメール・タイムズ