プノンペン・ヒューマン・ライツ・ウォッチ 女性の服装を規制する法律案を非難  

 

プノンペン・ヒューマン・ライツ・ウォッチは、カンボジアで特に女性の服装を規制する法律案を非難する最新のグループになった。

声明の中で、同グループのアジア担当副局長であるPhil Robertson氏は、法案を女性の権利の「恐るべき侵害」と呼んだ。

公共秩序に関する法案は、カンボジアにおける公共および私生活と行動の複数の側面に関する幅広い新しい規則を導入する。

政府は「文明化された近代国家」を創設することを目指しており、法案はこれを支援すると、同省の関係者はVoice of Americaに語った。

それは、道端の売り物の禁止や、物乞いの犯罪化から、「国民の伝統」や「人々の尊厳」を守る曖昧な条項に至るまで、公共の場や行動を規制しようとしている。

しかし、最も非難されているのは、女性が「短すぎる」または「透けている」とみなされる服を着ることを禁止する法律の部分だ。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、政府に法律の廃止を要求する書簡を送るために署名した36のNGOの一員となった。

Robertson氏は、法律が可決されれば、女性の権利と個人の自由を保護する政府独自の政策のいくつかに違反することになると述べた。

「この公法草案は、カンボジア国民に対する社会的支配を乱用する権威と権利を握った暗い政府のビジョンを明示しています。」と彼は語った。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)