プノンペンに駐在するならどこにする?

現在、カンボジアの首都プノンペンには、カンボジアに暮らす外国人駐在員の約半分が住んでいる。多くの駐在員は、プノンペンを1015年前のバンコクに例えている。

王宮や独立記念碑、ワットプノン、パゴダ、また、ロシアンマーケットやセントラルマーケット、オルセイマーケット、カンダルマーケット、オールドマーケットなどの有名な市場など、多くのランドマークを通してこの街は魅力を保ち続けている。また、地元の販売業者も同様にあらゆる地域で地元の食品やパン、果物を販売している。また、いくつかのショッピングモールが市内全体にあり、今後オープン予定のモールもある。西側に住む駐在員は、比較的安価な費用で生活を楽しんでおり、お馴染みのブランドを目にすることもある。

プノンペンの外国人駐在者向けの住居は、幅広い選択肢があり、クメール様式の場合は月額200ドルからで、一流国際基準を満たしたサービスアパートのペントハウスの場合は月額最高2500ドル以上まである。一般的に、外国人駐在員は、友達が働いていたり、すでにそこに住んでいたり、または、仕事場が近くにあるなどの理由で住居を決めている後者の場合、一般的に都市には多くの選択肢があり、賃貸オーナーも外国人のテナントを求めて競い合っている。

駐在員はプノンペンの場所をカンボジア人の認識と必ずしも一致しない様々な造語を作り出しているようだ。

たとえば、外国人居住者は「BKK 1」や「BKK 2」、「BKK 3」と認識している住所が、地元住民は「ボンケンコン1」、「ボンケンコン2」、「ボンケンコン3」と呼ぶのが一般的で、タクシーやトゥクトゥクを使う時は注意しなければならない。また、外国人は、ドンペン区をリバーサイド、トゥールトンポンエリアをロシアンマーケットと表現する。

メコン川と合流する手前でトンレサップ湖に沿って広がるリバーサイドエリア(ドンベン)は、昔から多くの外国人駐在者が住んでいる場所で、有名なレストランやバー、クラブ、ゲストハウス、ホテルがある。ここは、間違いなく夜遊びをしたい人やカンボジアを訪れる観光客のためのホットスポットである。

また、最近、プノンペンの最も人気のあるエリアとして、チャムカモーンが挙げられる。そこには、駐在員に人気のスポットが多くある。例えば、裕福な人が住むBKK1や外国人の多いトンレバサック、急速に人気が高まっているロシアンマーケットがある。一般的に、プノンペンに住む場合、多くの人は、チャムカモーンまたはドンペンを選ぶのである。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)