プノンペン、試験的に一部のバスで無料Wi-Fiサービスがスタート(7月19日)

プノンペン、試験的に一部のバスで無料Wi-Fiサービスがスタート(7月19日)

プノンペンの公衆バスは、乗客の利便性を向上させるため、試験的に無料Wi-Fiのサービスを導入します。

プノンペンのバス運行会社Water supply authorityはspace media社と協力して乗客が安全で快適に乗れるようにWi-Fiルータを設置すると発表しています。

市庁の広報担当者、Met Meas Pheakdey氏は、これは完全実施前の試験的なプロジェクトに過ぎないと発表し、「これは試験的なプロジェクトで、現在はまだデータが十分に集まっていないが、もしこの試みがうまくいけば、すべてのバスにWi-Fiルータを導入する」「多くのバスが試験的にこのプロジェクトを行なっているが、完全実施までどれくらいの時間を要するのかはまだわからない、柔軟に対応していく」「進捗状況によって試験期間の短縮や中断、変更があるが、長引くことは予想していない。と述べました。

公共バスを頻繁に利用するChan Sophea氏(24歳)はこのプロジェクトを支持し、「乗車中に、旅行者、特にビジネスマンや学生は、自分が必要なことを調べることができ、ネットサーフィンも楽しめます、これにより乗車時間が楽しく、時間を短く感じられる」「今後多くの人が渋滞を緩和するためにバスを利用するようになるだろう」と述べています。

今月初めに、155台の市営バスにwingカードの決済機が導入されました。プノンペンの住民は7月31日まで市営バスで無制限に無料乗車をすることができます。

プノンペン知事のKhuong Sreng氏は1月に市役所が公衆バスサービスをサポートするためのスタッフの費用などを毎月約15万ドルがかかっていると発表しました。

出典:KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。