フン・セン首相、出稼ぎ労働者の安全性を推進(2/18)

フン・セン首相、出稼ぎ労働者の安全性を推進(2/18)

Cambodian migrant workers queue at the Thai-Cambodia border checkpoint near the border town Pio Pet . KT/MAI VIREAK

フン・セン首相は昨日(2/17)、「労働省は、カンボジアの女性労働者の福祉を監視し、虐待から保護する必要があります」とフン・セン氏は、平和宮殿でのカンボジア女性評議会の年次総会で述べ、女性出稼ぎ労働者の安全に注意を払うよう命じました。

カンボジアは労働者をタイ、韓国、マレーシア、日本、シンガポール、香港に送ります。約120万人の移民労働者があり、毎年合計20億ドルを王国の家族に送金しています。
労働省は、海外の労働者の募集、訓練、派遣、管理のために100を超える民間人材紹介会社にライセンスを発行しています。
 
昨年、36,262人のカンボジア人が数カ国から外務省によって救助され、本国に送還されました。

彼らのほとんどは、人身売買または虐待の被害者である女性であると付け加えました。

労働省のスポークスマン、ヘン・サワー氏は昨日(2/17)、コメントを求めて連絡が取れなかった。

労働権セントラルのプログラム・オフィサーであるデ・ザ・ホヤ氏は、昨日(2/17)、移民法に関する情報が不足しているため、違法に働く出稼ぎ労働者はそうすると述べました。

カンボジアの民間人材紹介会社の行動範囲が先月発表され、すベての人材紹介会社が労働者の権利を守り、労働者の権利の保護を確保し、支援するようになりました。

国家人身取引対策委員会(NCCT)の副委員長であるChou Bun Eng氏は、今月初めに100万人以上のカンボジア人が合法または違法に海外で働いており、文書化されていない労働者の法的地位を解決するためにより多くのことが必要であると述べました。

※出典:Khmer Times