フン・セン首相、「多くの人々が多党民主主義を支持している」と発表(7月31日)

フン・セン首相、「多くの人々が多党民主主義を支持している」と発表(7月31日)

本日、フン・セン首相は、日曜日の選挙が高い投票率で公平に実施されたと発表しました。

同氏は82.89%の投票率と20の政党が選挙に参加表明したことで、カンボジア人の大多数が多党民主主義を支持していることを明らかにし、「人々は圧力や強制なしで自由に好きな政党に投票する権利を示した」「カンボジアは独立した国家であり、5年ごとに選挙を続け、すべての国民が投票し、国の運命を自由に決める機会がある」と述べました。

昨日、全国選挙委員会は暫定結果を更新し、投票率を82.89%に引き上げ、CPPは全国投票の76.78%を確保したことが発表されました。

フン・セン首相は、90,000人のカンボジア国籍の監視員と500人の国際監視員が選挙プロセスをモニターしたと述べました。

出典:KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。