フン・セン氏、カンボジアの平和は「壊れやすい」と発言(9/23)

 

フン・セン氏、カンボジアの平和は「壊れやすい」と発言

 

週末にフン・セン首相は、カンボジアの内政における西側諸国を含む強力な国々の干渉により、カンボジアの平和は脆弱であると述べました。

フン・セン氏は、土曜日の国際平和デーに合わせてメッセージを伝えました。

昨日入手した3ページの手紙で、フン・セン氏は、カンボジアの人々にとって平和は非常に重要だと述べました。

「世界情勢の予測不可能な複雑さ、特に政治的、経済的、軍事的利益における超大国の[国]競争は、地域および世界の平和を脅かしています」とフン・セン氏は手紙で述べました。

「同時に、カンボジアの平和は、特に超大国や一部の西欧諸国からの内政への脅威と継続的な干渉のために脆弱です」と彼は付け加えました。

フン・セン氏は、1979年にカンボジアがポル・ポトのクメール・ルージュ政権から解放されて以来、特に1998年の彼の双方にとって有利な政策の後、カンボジアは平和を経験したと述べました。

 

「民主主義と人権の弁解の使用により、カンボジアが制裁の脅威から圧力を受けている場合でも、カンボジア王立政府はあらゆる状況で国民と一緒にいる」と彼は言いました。

「私たちは連帯しており、国を保護し、独立、民主主義の自由、中立性、繁栄を維持するために団結しています」と彼は付け加えました。「私たちはどんな犠牲を払っても平和と安定を守るためにここにいます。」

カンボジア王立アカデミーの国際関係研究所のKin Phea局長は昨日、カンボジアの平和が米国と中国の間の緊張によって挑戦されていることに同意を示しました。

「カンボジアと世界の平和は、米国と中国のような超大国間の競争からの影響により脆弱です」と、Phea氏は言いました。

彼は、政府を転覆させるために彼と一緒に人々と軍隊を呼んでいる元野党指導者Sam Rainsy氏からの訴えもまた、脆弱性に貢献していると付け加えました。

現在亡命中のRainsy氏は、カンボジア国内の民主主義と人権を回復するために帰還することを誓っています。彼は11月9日に戻ると約束しました。

先週、CNRPは、政府から亡命する兵士を支援し、Rainsy氏がカンボジアに戻ったときに安全に通過できるようにするための予算を発表しました。

法務省は金曜日に、元CNRPリーダーの計画された復帰は政府を打倒しようとする違法グループによるクーデターに等しいと言いました。それは国家安全保障に影響を与える重大な犯罪です。

「Sam Rainsy氏の帰還は民主主義と人権のためではなく、暴力運動のイメージの下での人々と軍隊間の憎しみの扇動を通じてカンボジア政府を打倒する計画であることを発見しました。 」と法部省はプレスリリースで述べました。

法務省のスポークスマン、Chin Malin氏は、計画された帰還は重大な犯罪を引き起こす行為であると指摘しました。

「カンボジア王立政府を転覆させる計画は、刑法第451条および452条に基づいて罰せられる重大な犯罪であり、15年から30年の刑を宣告し、加害者が公務員である場合、判決は終身刑である。」と彼は言いました。

 

※出典:Khmer times