フンセン氏パリのノートルダム大聖堂火事フランスに同情(4/20)

フンセン首相はフランスのEdouard Phillippe首相に手紙を書き、45日月曜日に大規模な火事で破壊されたパリのノートルダム大聖堂の破壊に関するフランス政府と人々への同情を表しました。

本日、クメール・タイムズが入手した手紙の中で、首相は次のように述べています。

ノートルダム大聖堂はパリを代表するものです。私達はフランスの人全員と同じ悲しみを感じます。

「教会を建てた人々は、アンコールワットを建てた人々と同じ時代に同じ動機を持っていたという事を理解しているので、私たちはこの事件に深く悲しんでいます。これらのイニシエータは何世紀にもわたって世界にメッセージを送りました。このメッセージを消すことはできません。」

ノートルダム大聖堂は月曜日に火事で壊滅的な被害を受け、文化遺産が大きく失われました。この構造物の焼却はフランスのすべての人々、そして世界に衝撃を与えました。

BBCによると、火災の原因はまだわかっていませんが、現時点では事故と見なされます。建物の改修工事への可能なのかが調査されています。

フランスのEmmanuel Macron大統領は、5年以内に壊滅的な構造を回復させ、以前よりも美しくすることを誓いました。