フィリピン政府がカンボジアの選挙を平和的と賞賛する(8月9日)

フィリピン政府がカンボジアの選挙を平和的と賞賛する(8月9日)

フィリピン政府は、7月29日に新政府との協力を約束、平和で秩序のある選挙が行われたことを祝福しました。

Alan Peter S. Cayetano外相は、8月5日にフィリピン政府と国民が平和的なカンボジアの選挙を称えていると発表し、「フィリピンは、カンボジアとの協力関係を、2カ国間、地域間、国際レベルで強化し、深めたい」と述べました。

中国とロシアも支持する声明を発表しましたが、米国、オーストラリア、欧州連合、フランス、英国はCNRP(カンボジア救国党)の不在や、市民社会団体の取り締まりのため、自由で公平ではないと主張しています。

全国選挙委員会の暫定的な結果によると、CPP(カンボジア人民党)は約480万票を獲得し、Funcinpec党が373,526票、League for Democratic党が308,291票を集めました。

CPPは、独自の計算に基づいて、すべての正当な投票の77.78%を獲得し、125議席を国会で確保したと発表しました。

出典:KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。