パームシュガーの需要増加と今後への期待

コンポンスプーパームシュガー振興協会(KSPSPA)によると、コンポンスプーパームシュガーの需要増加で今後の生産が期待されている。また、農家は現在の価格に対して満足しているという。

9月2日、KSPSPAのSam Saroeun会長は、今年の6月にパームシュガーの収穫が終わり、生産量は合計100トンに達し、完売したと述べた。

コンポンスプーパームシュガーは、世界6カ国(中国、韓国、フランス、スペイン、英国、米国)に輸出されている。

また、Saroeun会長は、コンポンスプーパームシュガーの需要は毎年、前年と比べて増加していると付け加えた。

「農民は1キログラムあたり1.50ドルから1.75ドル稼ぐことができ、年間4,000ドルから5,000ドルの収入を得ることができます。農家が1キログラム1.75ドルの有機パームシュガーを生産すれば、今よりも稼ぐことができます。」

今のところ、Saroeun会長の協会では、280人の農民がパームシュガーを生産しており、需要は年間200トン以上に及ぶそうだ。同協会は、需要を満たすために、農家と協力してパームシュガーの生産増加を図るという。

「私たちは、国内でもコンポンスプーパームシュガーを販売したいと考えています。しかし、私たちのブランド名を利用した偽物のパームシュガーがたくさん出回っており、国内でもブランドを確立できるように、偽物の取り締まりを呼びかけたいと考えています。」

アジアシグナチャーのChan Pich氏によると、今年コンポンスプーから約30トンのパームシュガーを購入したほか、コンポントム、スバイリエン、コンポンチュナンから20トン、他の地元企業から15トンの有機パームシュガーを購入し、65トンの輸出を可能にしているという。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)