パブストリートの衰退

夏の金曜日の夜中は、シェムリアップの北西部の地域で、最も有名なナイトライフスポットのピークシーズンであった。しかし、「Pub Street」と書かれた看板が頭上で赤く照らされているはものの、周りは静けさに包まれている。その雰囲気は幽霊のようで、家に帰る人を除いてほとんど歩いている人を見かけない。時々、明かりのついたトゥクトゥクがこの暗闇を突き抜け、通行人に声をかけている。

パブストリートに最初にできたバーでバックパッカーの溜まり場でもあったアンコールワットバーや、アンジェリーナ・ジョリーが映画の撮影中に愛用していたレッド・ピアノなどが並ぶ通りの店が閉店している。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)