バッタンバンのバンブートレインにより地元が潤う(10月5日)

バッタンバンのバンブートレインにより地元が潤う(10月5日)

昨年末に始まったバンブートレイン・サービスは、地元の人々に利益をもたらしており、カンボジアお盆も忙しく稼働予定です。

バンブー・トレインは、バタンバン市から20km以上離れたAngkoriaの寺院があるBanan山の麓にあります。

このサービスには70人以上の従業員が雇用、30台以上の車両が稼働しており、近隣の食品店を運営する地元の人々に利益をもたらします。

運転手兼車掌のVith Lang氏(18歳)は、今の仕事に満足していると語りました。

「私は切符のチェッカーと運転手です。毎月187.50ドル(750,000リエル)を手に入れます。私はSvay Chrum地区から来ており、2ヶ月間ここで働いています。これまでにレストランで働いていたのですが、以前より就労条件が改善、給料も高くなりました」と、乗客の切符を確認しながら話しました。

現在、36人の運転手がおり、バンブートレインは、ほぼ1年中稼働しています。

バンブートレインは、カンボジア人乗客の運賃が2.50ドル、外国人は5ドルです。

大体1台あたり56人が乗車、全行程は8キロメートル、約45分かかります。Banan山の景色の良い拠点を周遊し、乗客が写真を撮るのに十分な時間を与えることができます。

出典:Khmer times

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。