トゥクトゥクとリキシャの運転手に無償講習(6/21)

トゥクトゥクとリキシャの運転手に無償講習

 

プノンペン公共交通運輸局は昨日、3月に始まって以来、リキシャとトゥクトゥクの8,487人の運転手が無料交通法講習を受けていると語りました。

「コースの期間は7月27日に終了するので、他のドライバーが無料で参加して学習できるようにしてください。」とプノンペン公共交通運輸局は述べています。

 

市役所は、リキシャとトゥクトゥクの運転手が道路規則に従わなかったという批判の後、交通安全を改善するために3月からコースを提供しています。

同局の報告によると、プノンペンの道路では現在10,091のトゥクトゥクと14,338のリキシャが動いています。

 

4月に、Sun Chanthol運輸大臣は、運転手の98%が免許なしで出張中だったと述べました。

「同省は、彼らが無料で学ぶためのコースを開き、交通事故を減らすために運転試験を実施しました。」と彼は述べました。

 

リキシャの運転手であるMoung Chanpheap氏は昨日、すでにコースに参加していて運転免許証を受け取っていると述べました。

「授業中、彼らは私たちにたくさん教えてくれます。彼らは運転規則、交通法、交通標識を教えてから、運転免許証を取得するためのテストを行います。」と彼は言いました。

 

トゥクトゥクの運転手、Hou Chan Thoeun氏もこのコースに参加し、運転免許証を受け取ったと語りました。

彼は現在、交通法、安全な運転方法、そして道路上の他の運転者を観察する方法について多くのことを理解していると述べました。

「州は進路を決めているので、まだ時間があるうちに学ばなければなりません。私たちが運転免許証を取得するチャンスです。」とThoeun氏は述べました。

 

公共交通運輸局局長のSam Piseth氏は、まだコースに参加していないドライバーがまだいることを指摘しました。

「まだ勉強に来ていない運転手にアピールします。急いで運転免許証を取得してください」と彼は言いました。

 

※出典:khmer times