タイの地雷標識の撤去

タイ地雷対策センター(TMAC)の職員がバンテイメンチェイ州に展開していた国境ポスト32-33の間を取り囲んでいた100個近くの地雷標識とレッドラインが、カンボジア軍の将校によって撤去された。

当局によると、同省スマ・パオック地区のクーク・ロミエットコミューンのサマキ村に設置された支柱の場所は、まだ双方の合意が得られていない。軍事地域5の副司令官兼参謀長であるセン・テアリン氏は1215日、両国の国境専門委員会がまだ承認していない地域に地雷標識とレッドラインを今月初めに配備したことを明らかにした。 

「過去には、両国の人々を危険にさらしたくないという理由で、国境沿いの[エリア]を地雷除去するという考えを常に持っていました。」 

「しかし、タイ当局からの要請には必ず上層部からの承認が必要です。それは、その地域が両国で合意されているかどうかを確認するためです今回の場合、その場所は合意されていません。」 

テアリン氏はカンボジアがタイ側に地雷のレッドラインを置くか、または区域の他の活動を遂行することを許可すれば、その土地がタイに属することを同意するここと等しいと加えた。 

カンボジアは、双方が2000年に署名した合意の覚書に従って位置を維持し、専門的な国境問題の委員会の合意を待つように要求した。 

テアリン氏は除去の間に、タイ側の圧力、暴力や対立がなかったと話した。 

バンテイメンチェイ州知事は、この件についてコメントを拒否した。 

 

しかし、在カンボジアタイ大使館は1215日に電子メールで、タイ当局は両国の関係について誤解が生じないように調査していると回答した。 

「当面は、正確な情報を待ち、早急に結論を出したり、カンボジア人とタイ人の間で誤解を招く可能性のある憶測をしたりしないようにすべきだと思います。」と述べている。 

 

カンボジア国境問題委員会のVar Kimhong委員長は1215日、この問題についてはまだ何も受け取っていないと述べている。 

「まず現地当局から報告を受けるまでお待ちください。それから、私たちは国境ポスト32-33 が同意されたかどうか明確に覚えていないので、調査するために専門家を送り、まずは調査を行います。」と述べた。
(各種、ニュース記事を参考に作成・編集しています。