シンガポールとカンボジア、外交関係を修復(6/10)

シンガポールとカンボジア、外交関係を修復

カンボジアとシンガポールの政​​府高官は金曜日、フン・セン首相が攻撃的であると指摘をしたリー・シェンロンシンガポール首相による声明を述べました。

5月31日のFacebookの投稿でLee氏は、ベトナムの軍隊が1979年にクメールルージュ政権を打倒するためにカンボジアに侵入したと述べました。リー氏は、シンガポールの安全保障サミットでのスピーチの間に再びコメントを繰り返しました。

「冷戦終結後、アメリカは唯一の超大国となりました。東南アジアは新たな局面に入りました。インドシナ戦争はついに終わり、共産主義諸国は開放されました。以前、ベトナムはカンボジアを侵略していたため、非共産主義の近隣諸国に深刻な脅威をもたらしていました。」と彼は言いました。

このコメントはカンボジアとベトナムからの批判を促しました。

木曜日に、フン・セン首相はFacebook上でリー氏の発言は「非常に残念である」と述べました。フン・セン氏は「ベトナムはカンボジア人の生存に重要な役割を果たした」と述べました。

リー氏の発言についてフン・セン氏は「それはカンボジアの人々の生存に反対する行為だ。彼の発言は、カンボジアを大量虐殺体制からの解放を助けたベトナムの軍事ボランティアの犠牲に対する侮辱である。」と発言しました。

さらに、「彼の発言は、シンガポールがカンボジアの人々の虐殺に本当に貢献したことをシンガポールの人々と世界に明らかにした。私は彼がクメールルージュの指導者たちの裁判を合法的であると考えているかどうか[リー氏]に尋ねるだろう。」と発言しました。

金曜日に、シンガポールの外務省はリー氏のコメントを明確にする声明を発表しました。

「これは、リー首相のお悔やみの手紙とShangri-La Dialogueのスピーチの背景です。インドシナの歴史のこの痛い章への彼の言及は新しいものではありません。それらはシンガポールの長年の視点を反映しており、それは以前から公に述べられてきました。シンガポールはカンボジアとベトナムとの関係を高く評価しています。過去の私たちの違いにもかかわらず、私たちは常に尊敬と友情でお互い手を取り合ってきました。シンガポールはクメールルージュに同情はしておらず、クメールルージュがカンボジアに戻ってくるのを見たくありませんでした。」と述べました。

この声明は、シンガポール大使Michael Tan氏が金曜の午後に外務省のOuch Borith国務長官と話し合った後に発表されました。

さらに、金曜日のPrak Sokhonn外務大臣は、彼のシンガポールの対応者Vivian Balakrishnan氏から電話を受けました。

カンボジアの外務省の声明には次のように述べられています:

「Vivian大臣は、上記のメッセージには不当な意図がないことを確認しました。そのメッセージは単に以前に公に述べられたように、その時の状況と課題を思い出すためのものです。さらに、彼は1979年に国連安全保障理事会によって配布された共同声明を誘発しました。そして、それはカンボジアの人々の自己決定権を主張します。」

シンガポールの外相は「平和で繁栄しているカンボジアを見たいというシンガポールの願望をさらに強調し、そしてクメールルージュ政権の権力復帰を望んでいません。彼はシンガポールの誠意がこれ以上のあいまいでなくなることを望んでいます。」と付け加えました。

※出典:Khmer Times