シヌアークビル国際空港、旅客増加に備え改装工事がスタート(6月28日)

シヌアークビル国際空港、旅客増加に備え改装工事がスタート(6月28日)

シヌアークビル国際空港でより多くの旅客の獲得を目指して、旅客ターミナルの改装を行うことが発表されました。

水曜日の発表で、空港オペレーターが、シヌアークビル空港に到着する旅客の増加に備えて改装工事を行っていると発表しています。

カンボジアの空港の親会社であるVINCI空港のNicolas Notebaert会長は、ターミナルの拡張と改修は、今後5年間の旅客輸送の成長を予期した開発の一部であるとし、「シヌアークビル空港開発のための新たな一歩を踏み出しており、シヌアークビルの経済的、観光的、社会的な成長の可能性を拡大することに貢献する」と述べています。

シヌアーク空港は去年338,000人の乗客を集め、2016年に比べて115%の急成長を遂げています。

改装により、空港は80%大きくなり、4,800㎡になります。

また、新しい手荷物処理システムを備えた機器に加えて、チェックインエリア、搭乗ラウンジ、手荷物受け入れゾーンが追加されました。

さらに、単一の滑走路を800m延長するプロジェクトがまもなく開始されると発表され、完了後、3.3kmの区画によって、アジアの様々な場所からの、より大きな航空機を利用できるようになります。

出典:The Phnom Penh Post

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。