シェムリアップ国際空港で飛行機から男性落下、死亡(1月2日)

シェムリアップ国際空港で飛行機から男性落下、死亡(1月2日)

月曜日、シェムリアップ国際空港で離陸中の飛行機のタイヤにしがみついた男が30メートル落下し、死亡しました。

警察はまだ被害者を特定していませんが、州の副警察長官Phoeung Chendareth氏は昨日、この事件は月曜日の午前10時20分頃に発生したと述べました。

「事故後、遺体は空港職員によって州立病院に送られました。被害者は頭、足、手を強く損傷していました。」とChendareth氏は述べました。
彼は、その事故に関して空港当局から午前10時30分ごろに電話を受けたと述べています。

警察はその後に現場へ行き、CCTVの映像を見直し、調査しました。
Chendareth氏は、被害者は複数の飛行機の間を歩いて消えていったと言いました。

その映像から、警察は被害者が飛行機のタイヤの1つにのぼり、眠りについていたと推察しています。
警察官は現場で切られた有刺鉄線を発見したため、おそらく被害者は夜に空港へ侵入したのだろうと述べました。

「彼の遺体は州立病院に送られましたが、私たちはまだ彼の身元を特定できていません。私たちは現在の彼の親類を探しています。」とChendareth氏は述べました。
「私たちは被害者が精神病を患っていたと疑っています。彼はテロリストではありませんでした。」と彼は付け加え、事故死だったと述べました。

州警察署長のTith Narong氏はコメントを控えました。

州技術局の副部長であるTouch Malay氏は、警察はまだ捜査を続けていると述べました。
「これは空港職員の不注意により起こったと思います。空港は一般人に禁止され、警備員によって守られるべきです。どうしてこのような事件が起こったのでしょうか?」と、マレー氏は述べました。

空港の取締役のTith Vantha氏はコメントを控えました。

出典:Khmer Times