シェムリアップで若者バイク集団を拘束(7/30)

日曜日にシェムリアップ国際空港近くで若者約20人がオートバイによるパフォーマンスを行い拘束されました。

シェムリアップ警察署長のNop Sarak大佐は昨日、20人を逮捕し、教育を受けさせるために警察署に送られたと述べています。

警察署は薬物検査を実施し、そのうち1人が薬物使用を認めました。その後リハビリテーションセンターに送られたと指摘しました。残りの人は教育を受け、同じ過ちを繰り返さないことを明記した契約書に署名した後に家に帰りました。

Col Sarak氏は「今回の行動は社会秩序を改善し、街中の暴力団を取り締まり、さらに交通法のコンプライアンスを改善するために行われました。」と述べました。

同氏は、警察が深夜0時にシェムリアップ国際空港近くで若者のグループを発見し、彼らはオートバイによるパフォーマンスを行い、それが大きな騒音を発していたと述べました。

また、彼らの活動は近隣を不快な気持ちにさせていたのが大きな原因であると彼は付け加えました。

Sarak氏によると、役員は規制を遵守していないオートバイについてもチェックを行いました。

地方自治体は常にシェムリアップを訪れている地元の市民や観光客の安全を確保するために街を巡回しています。

 

出典:クメール・タイムズ