シェムリアップ、アキーラ地雷博物館オーナー、保釈(9月24日)

シェムリアップ、アキーラ地雷博物館オーナー、保釈(9月24日)

シェムリアップ州のカンボジア地雷博物館の所有者で、兵器所有罪で逮捕されたOeun Yeak氏は、州の裁判所判決を受け、木曜日に保釈された。

同氏は博物館のエグゼクティブ・ディレクターのHeanh Sokunthea氏とOunun Yun副部長と共に保釈されました。

8月に博物館倉庫で火事が発生し、違法兵器所有罪を被りました。

裁判所のスポークスマン、Sin Srang裁判官は、この判決はSin Sovannaroth判事によって決定されたと木曜日に述べました。

博物館がまだ調査中であるため再オープンするかどうかは不明だと指摘しました。

訴追された弁護士のChhuoy Sopheak氏は、昨日、この件についてコメントすることを拒否しました。一方、弁護士のHong Bunhav氏は、この保釈は、Yeak氏が収容する孤児に有益であると述べた。

Hong Bunhav氏は、「孤児たちを再び助けることができるので、彼らは保釈されたことで満足している」と語った。

Yeak氏は、クメール・ルージュの子供兵士で、田舎を荒廃させるために人生を捧げました。

Yeak氏の地雷除去への献身と地雷被害者の保護は、2010年に彼に国際的な認知をもたらしました。

8月の爆発の後、警察は博物館を閉鎖し、未処理の兵器を保管して表示するための適切な許可がないと述べました。

当局は9個の爆弾、15個の地雷、325個の弾およびその他の爆発物や弾薬を押収しました。

出典:Khmer Times

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。