コロナウイルス拡大が児童労働を加速させる

国際労働機関(The International Labor Organization )並びに、ユニセフ(UNICEF)は新型コロナウイルスのパンデミックによって何百万もの子供たちが労働を強いられる危険性があると警鐘を鳴らした。

特定の国では、1%貧困率が上がると児童労働の割合が0.7%増加すると言う研究がある。

6月1日、セーブ・ザ・チルドレン(Save the Children )そして、ユニセフは早急な措置を施さなければ今年末には児童労働は15%増加し、その人数は6億7,200万人以上になると発表した。

新型コロナウイルス拡大後、カンボジア政府はそれらを対象とした社会保障プログラムを拡大に力を入れてきたと言われている。

6月現在、計画省は田舎の567,505の貧困家族、およそ230万人を特定し、未だ特定されていない貧困家族の特定を急いでいる。

 

*Save the Children  子ども支援活動を行う、民間・非営利の国際組織

(各種ニュース記事を参考に作成・編集しています。)日本人会受付場所2020