クメール正月休暇4日間で110万人が国内旅行に

観光省によると、8 月17〜20日のクメール正月休暇の4 日間で116万人が各地の観光地に訪れていると発表した。

同省の報告によると、クメール正月休暇4日目(8月20日)の国内観光客の総数は334,391人で、3日目に比べて2.86%増、2日目に比べて20.68%増、1日目に比べて43.31%増となった。

331,836 人以上が国内観光客であり、2,555 人がカンボジア在住の外国人であった。

観光客の主な目的地はシェムリアップで45,301人、次いでケップが37,672人、カンポットが35,301人、バッタンバンが34,990人、シアヌークビルが27,020人、ポーサットが17,061人、ココンが13,411人、カンダールが12,551人、プレアビヒアが12,448人、コンポンチュナンが10,917人、ラタナキリが10,228人となっている。

(各種記事を参考に作成・編集しています。)