カンボジア2018年の経済成長率7.5%(5/7)

月曜日に発表された世界銀行のカンボジア経済更新によると、カンボジア経済は昨年7.5%拡大しました。

 

世界銀行によると、この予想を上回る成長は、主に輸出の急拡大と進行中の建設ブームによるものであるそうです。

 

衣料品、履物、旅行用品の輸出は、全商品輸出の3分の2以上を占め、2018年には17.6%増となり、2017年の8.3%増から5年ぶりの最高水準を記録しました。

建設、不動産、観光の各部門は、2018年に承認された総投資の約60%を占めています。

 

世界銀行のカントリーマネージャー、Inguna Dobraja氏はプレスリリースで、「投資環境の改善と、スキルの構築と同時にビジネスのコストを削減してスキルを高めることが重要な優先事項です。また、成長している証拠は、人々への投資が経済の進歩と持続可能な開発を推進するのに不可欠であることを強調しています。」と語りました。

 

カンボジア経済財務省はまた、昨年の成長率を7.5%と位置付けており、過去10年間で最大の経済拡大であると報告しました。

 

出典:Khmer Times