カンボジア2ヶ月で120万人の観光客を迎える(3/29)

カンボジア2ヶ月で120万人の観光客を迎える

観光省の報道によると、カンボジアは今年の1月と2月の間に124万人の外国人観光客を魅了し、前年同期比で10%近く増加しました。

データによると、同国は2ヶ月間で418,572人の中国人観光客を魅了し、前年同期比で31.7%の増加となりました。図は、ベトナムが依然として124,266人の訪問者で第2位で、続いて86,505人の訪問者がいることを示しています。

しかし、韓国からの観光客は前年同期比で19%減の72,867人となりました。

観光省次官のSopheak氏は、外国人観光客の増加は魅力的な観光地をたくさん持っている同国によるものであると言いました。

「政治的安定、インフラの改善、平和と安全が、より多くの外国人観光客を惹きつける主な要因です」と彼は述べました。

Sopheak氏は、カンボジアは現在他の国々より少ない中国人の訪問者を引き付けると言いました。 「より多くの中国人を引き付けるために最善を尽くす必要がある」と彼は述べました。

昨年、海外への中国人観光客は1億2500万人に増加し、そのうちカンボジアはわずか200万人を魅了しました。 Sopheak氏によると、カンボジアは今年660万人の外国人観光客を惹きつけると予想しています。

カンボジア旅行代理店協会の顧問であるHor Vandy氏は、中国人訪問者の増加は政治的安定と政府の「Open Horizo​​n」政策によるものであると述べました。

「カンボジアは予想以上に多くの(中国人)を引き付けると私は思う」と彼は言います。

同報告書によれば、カンボジアは昨年、620万人の外国人観光客を受け入れ、2017年から10.7%の増加となりました。

今月、カンボジアは2人の象徴的な訪問者、中国の億万長者であるJack Ma氏 – Alibaba Groupの共同創設者兼執行委員長を迎えました。

彼に続いて韓国大統領のムンジェイン氏が訪問をし、王国の主要な歴史的観光地も訪問するのに時間をかけました。

出典:Phnom Penh Post