カンボジア からパプアニューギニアへの米供給協定、話し合いが進む(5月19日)

 カンボジア からパプアニューギニアへの米供給協定、話し合いが進む(5月19日)

カンボジア とパプアニューギニア(PNG)の代表が米の交渉を行っている。 5月18日金曜日、両国の政府と民間部門の代表が、オーストラリア北部のメラネシア国への米輸出を許可する協定の詳細について協議しました。

農林水産省の農業部総局長Hean Vanhan氏は、パプアニューギニア国家農業検疫庁(NAQIA)と会談した後、クメールタイムズと会談しました。

“議論は、 カンボジア の米の品質と衛生植物検疫に焦点を当てたものである。  カンボジアがどのように管理しているかを明らかにした」とVanhan氏は語りました。

 カンボジア は高品質、衛生的で健康的な米をPNGに供給することを約束、 PNGは カンボジア からその米を購入すると約束しています。

メラネシア人と カンボジア 人の関係者は引き続き詳細を明らかにし、議定書は6月初旬までに署名準備が整う予定です。

米輸出量は昨年に比べて減っているため、米の新しい市場の開発は大歓迎です。

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。