カンボジア証券市場、過去最高の取引額を記録(6月23日)

カンボジア証券市場、過去最高の取引額を記録(6月23日)

カンボジア証券取引所(CSX)は今週初め、5日間で約30万株の株式が取引され、最も多い取引量を記録しました。

木曜日のプレスリリースでは、CSX613日に24,713株が取引を開始したことで上昇が始まったと述べた。火曜日に、その数は64,666株まで増えて、水曜日には131,279株まで急増しました。

今年の毎日の平均取引株式量はわずか7,845です。

また、新技術による新しいオーダー方法も取引量の増加に拍車をかけているのかもしれません。

CSXのマーケティングオペレーション担当ディレクター、Lamun Soleil氏は、急激な取引の増加を説明するとともに、マーケットオーダー(成行注文、MO)と呼ばれる新たな注文促進システムが導入されたことを話してくれました。

「何万株も売買したい場合は、MOを使用する方が速い。それを使用するとき、我々は価格にほとんど焦点を当てるのではなく、売買に焦点を当てる」と彼は語りました。

MOは、投資家が最高の市場価格で株式を取引できるようにする運用ツールです。これは、迅速な取引を望む投資家の要求に応えて、19日に正式に実施されました。

Soleil氏は、MOは売り手が株式をすぐに売り切るのを助け、バイヤーは最適な価格で購入するのを助けると言いました。

木曜日にCSX指数は1.06%上昇し、取引量は18,686株、総取引価格は約14,000ドルとなりました。

現在、5つの企業がCSXに上場しています。

出典:Phnom Penh Post

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。