カンボジア人、収入増加に伴う海外旅行者の増加(3月5日)

観光省によると、生活水準と収入が高くなっていることにより、カンボジア人の海外旅行者数は増加しており、昨年の海外観光旅行者数は前年に比べて、約14%増加しました。

同省の最新の報告によると、2018年、190万人のカンボジア人が海外へ旅行し、前年比13.9%の増加となりました。

観光省のスポークスマンであるChuk Chumnor氏はクメールタイムズに対し、海外旅行者数の増加は収入の増加と可処分所得の拡大によるものであると述べました。また魅力的なツアーパッケージも旅行者数増加に寄与していると語りました。

「より多くのカンボジア人が、より良い生活水準とより高い収入を享受しており、魅力的なツアーパッケージを利用して、海外に旅行しています」と同氏は述べました。

彼は、国内外の旅行会社が​​カンボジア人向けに競争力のあるツアーパッケージを組んでいると語りました。遠方地へのツアーパッケージは高価かもしれませんが、いくつかの旅行会社は中国へのツアーパッケージを一人当たり300ドルから提供しています、と彼は語りました。

「最も人気のある目的地は中国、タイ、ベトナム、マレーシアですが、ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカ、その他の地域以外の目的地を選んでいるカンボジア人もいます」と同氏は話しました。

カンボジア人が海外へ旅行する主な理由は、買い物、健康診断、そしてビジネスです。

観光客の安全は観光省にとって優先事項です。旅行会社はすべて、旅行パッケージの情報を観光省に送信するなど、既存の規制に従う必要があります。旅行会社が、自ら提出したものと異なるパッケージを提供する、もしくは顧客が不満を言うならば、我々は行動を起こします」と、同氏は言いました。

彼は、特に水祭り、クメール正月、中国正月、などの期間中のカンボジア人海外旅行者の増加が注目に値すると述べました。

Pacific Asia Travel Associationのカンボジア支部のThourn Sinan議長は、アウトバウンド観光、特に医療観光の台頭によるマイナス面もあると語りました。これは地元の医療サービス提供者にとって大きな損失となります。

「カンボジア人は毎年海外で医療サービスに何百万ドルも費やしています。これは地元の医療部門の人たちにとって大きな損失です」と彼は言いました。

観光省によると、昨年の観光産業の収入は43億ドルで、前年比約20%の増加でした。昨年、620万人の海外旅行者がカンボジアを訪れ、前年比10.7%の増加となりました。

カンボジアは今年、670万人の外国人観光客を迎えると予想しています。同省によると、2020年までに毎年700万人の外国人旅行者がカンボジアを訪問し、50億ドル以上の収入と100万人の雇用を生み出すだろうとも予測しております。

出典:khmer times

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。