オンライン授業の現実(5/8)

Kampong Speu州のKirirom国立公園にあるCoconut Schoolで生徒たちがコンピューターの使い方を学ぶ傾向になってきていると教師は言う。

教育、青少年、スポーツ省は、Covid-19のパンデミックの中で、王国全体で閉鎖された学校を再開する見通しは立たないと述べた。

しかし、約200万人の農村部の学生がスマートフォンやテレビを持っていないため、Eラーニングおよび遠隔学習プログラムにアクセスできないという事実がある。

カンボジア独立教員協会(Cita)からの一部再開の要請に応じて決定を説明したことで、教育大臣のハンチュオンナロンは、同省のEラーニングおよび遠隔学習プログラムは依然として学生と保護者の間で支援を受けていると述べた。

314日、政府は幼稚園から大学レベルまでのすべての学校に閉鎖を命じた。

レッスンは最初にオンラインに移され、419日、省は情報省との覚書に署名し、スマートフォンを持たない学生がテレビを介して遠隔学習プログラムにアクセスできるようにクラスを利用できるようにした 。

田舎に住む学生は、タイシン衛星会社の子会社であるカンボジアDTV Network Ltdが所有するDecho TVDTV)を介してチャンネルにアクセスできるようになっている。

そして、火曜日のCitaからの内閣の手紙では、王国が過去3週間にわたってコロナウイルス感染の新しい症例を見なかったので、再開を考慮すべきであると述べた。

水曜日の時点で、王国全体で合計122人のCovid-19患者のうち2人だけが入院していた。

Covid-19の状況はここ数週間悪化していない。 そのため、同省は、特定の地域にあるすべてのレベルの生徒が学校を再開できるかどうかを検討すべきだ」と述べた。

チタによると、同省のプログラムは、親が裕福な学生にしか到達できず、特に農村地域の学生など、親がほとんど収入を得ることができない貧しい学生には困難をもたらすとのことである。

それはほとんどの親も子供たちに傾向があるために生計を立てるために忙しいということです。

政府のソベチャ氏は、Covid-19の状況は改善されたが、新しい症例は報告されておらず、ほぼすべての患者がこの疾患をクリアしたにもかかわらず、遠隔学習プログラムは継続すると述べた。

チュオン・ナロン氏は 、閉鎖の中で、特に新設のテレビ放送(TVK2)を通じて、両親や学生を含む利害関係者がプログラムをサポートすると述べ、王国全体の都市部と農村部の人々に利益をもたらしたと述べた。

そして、「当面、幼稚園、小学校、中学校の生徒向けの遠隔教育とEラーニングプログラムに関する同省の424日の指令を参照するように」と彼は言った。

しかし、ソベチャ氏はそのプログラムにアクセスできる世帯の数についての統計を提供しなかった。

Svay Rieng州教育部局長のKhieu Samol氏は、同省のEラーニングプログラムを利用できる学生の数は少なく、ほとんどがTVK2を選択していると述べた。

また、一部の地域のチャンネルの放送品質も低いと語った。

サモール氏は、家庭ベースの遠隔学習は、学習を監視できなかった生徒にも課題をもたらしたと語った。 また、テレビ放送にはすべての科目が含まれているわけではないため、カリキュラムを理解するのが難しいと語った。

「同省はすでにガイドラインを発表している。 生徒がすぐに学校に戻ることができない場合は、学校の休暇期間が最小限に抑えられ、カリキュラムに追いつくための時間を要する。

先週のポストへのインタビューで、ソベチャ氏は貧しい世帯が直面している困難を認めた。 同省は、農村地域の学生がスマートフォンやテレビを介して学習プログラムにアクセスできるようにする計画はまだない、と語った。

「同省は、スマートフォンやテレビで勉強できない学生に、そのような機器を持っている人と一緒に学ぶことを奨励しています。

「また、テレビをまだ持っていない家族向けに、厚労省は彼らに10人未満の人々の近所の家で教育プログラムに従うことと保健省からのアドバイスに沿って衛生対策を実践することを奨励する」と彼は言った。

2008年の国勢調査を引用して、情報および放送局長のPhos Sovannは、王国には240万世帯がテレビを持っていると述べている。

また、テレビチャンネルは、無料の空中放送、ケーブル放送、衛星放送の料理でアクセスできると語った。 ただし、最初の2つのオプションは農村地域では利用できず、衛星テレビのみが広く加入している。

ソヴァン氏はまた、農村部のテレビは「家庭が衛星放送受信アンテナを設置していない場合、教育プログラムを受け取れない」ことをポストに述べた。

また、月曜日、保健省のマム・ブンヘン大臣は、学校の再開は教育省の裁量によると述べている。

(出典:The phnom penh post)