新しいトンネル建設によりプノンペンの混雑緩和へ(5/22)

プノンペン市は、交通渋滞を緩和するため首都に3つの新しいトンネルを建設する可能性を検討しています。

取材によるとMet Meas Pheakdey氏は、道路の1つは、PH ECOモールをChbar Ampov地区のNirouth communeの国道1号線区間に開通すると話し、市政と不動産開発者の*Borey Peng Huoth(カンボジアで有名な不動産開発会社)は、すでにプロジェクトに同意していると述べました。

2番目に計画されている道路は、ロシア連邦大通り沿いの外国語研究所(IFL)の近くで、3番目の道路は、Two Deer Parkと国防省の近くに計画しています。

Meas Pheakdey氏は水曜日に、地方自治体の専門家が道路の潜在的な影響の研究とコストの見積もりに追われていると話し、

「しかし、このプロジェクトはまだ調査段階にあり、渋滞を緩和するために道路を建設する方法を模索している。特に問題点は、地下にある下水用のホースやケーブルが埋め込まれている場合である。そして、これらの問題の対処方法を模索している。また、専門家の調査が完了次第、コストの見積もり、資料の購入、時間枠の確立を開始できる」と述べました。

水曜日の情報省のホームページにはプノンペン市のKhuong Sreng知事が「3つのトンネルが交通渋滞を緩和するのを助ける』と話していると記載しています。

また、彼は*Borey Peng Huothに*ゲーテッドコミュニティのThe Star Platinumから国道1号線区間にトンネルを作り、渋滞の緩和や市民の交通の改善をするよう依頼したとも伝えられています。

交通安全研究所所長のコンラタナック氏は水曜日、「私はそのような道路の建設を支援しています。それらは交通渋滞を緩和するのに役立ちます。しかし、私たちは依然として法律を遵守しなければなりません。法律を順守し、良好な道路を建設すれば、国の交通ははるかに良くなでしょう」と彼は言いました。

*ゲーテッドコミュニティとは、ゲート(門)を設け周囲を塀で囲むなどして、住民以外の敷地内への出入りを制限する事で防犯性が高い移住地。プノンペンのThe star platinumは高級住宅街である。

(出典:The Phnom Penh Post)

 

 

ビザ取得代行