プノンペンでの宿泊先選びに役立つエリア情報(前編)

皆さんこんにちは。

 

プノンペンにお越しになる際に、宿泊するホテルを選ぶのも楽しみの一つですよね。

今日はホテル選び、散策の参考として、プノンペンの各エリアの特徴、治安の様子などを紹介します。

 

①ボンケンコン

言わずと知れた有名エリアです。

ホテルもオシャレなリゾートホテルが多く、 レストランやバーなども清潔な店が多いです。

注意して頂きたいのは、観光客目当ての犯罪が多いエリアですので、日中でも貴重品やバッグには注意を払う様にして下さい。

ランチタイムでも容赦なく、バイクでひったくられます。

これはどのエリアでも共通して言える事ではありますが、お散歩など外を出歩かれる際には、荷物は必要最低限が無難です。

 

②リバーサイド

こちらも観光エリアとして有名です。

王宮やワットプノン、ウナロム寺院などの観光地もあり、また昔から観光客が多いエリアのため、オープンカフェなどが盛況です。

川沿いはカンボジア人からも人気のお出かけスポットですので、プノンペンの雰囲気が一番分かりやすいかもしれません。

散歩がてら、目に付いたお店に飛び込んでみるのも良いでしょう。

ただし、観光客狙いのトラブルが多いのはボンケンコンと変わりませんので十分に注意をした上で楽しんでください。

 

③イオンモール周辺~ダイヤモンドアイランド

近年、急速に開発された埋め立てエリアです。

どちらかと言うとローカルの人向け店舗が多いのですが、ビアガーデンやクラブ、ショッピングモール、レストランと探索のし甲斐は十分にあります。

実際のところ軽犯罪の被害報告が多いエリアですので、路上、車上を問わず身の回りにはお気をつけください。

 

④ロシアンマーケット周辺

こちらも最近発展したエリアで、昔は湿地帯でした。

外国人の住人も多く、歩いている人も国籍は様々。

昨今このエリアに居住している日本人も少なくはなく、歩いていると日本人(らしき人達)とすれ違う事もよくあります。

マーケット周辺は引ったくりに要注意です。

印象としてはローカルの雰囲気が強いのですが、上記ダイヤモンドアイランド同様、どちらかと言うと新しめのエリアなため、外国人向けの、あるいは外国人経営のお店も多く、雰囲気の良いバーやカフェが意外と数多く点在しています。

ロシアンマーケットから南に行くほど、ローカル感は強くなります。

 

さて、今日は一旦ここまでを前編とし、続きは次回の後編でご紹介します。