Takeo州で何百ものマリファナ押収(2/6)

Takeo州で何百ものマリファナ押収(2/6)

Takeo州のKirivong地区警察は、何百ものマリファナ植物を栽培している男性を逮捕し、州の違法薬物ネットワークを通じて彼から情報を収集することを望んでいる州警察に引き渡しました。

Kirivong地区のHiem Srim警察署長は、Preah Bat Chonchum communeのChroy村のPhorn Moch(35)容疑者と特定しました。

Srim警察署長は、「容疑者は山岳地帯にマリファナを植えていました。警察は長年にわたって状況の調査と追跡を行ってきましたが、この度十分な証拠が得られ、作物を収穫している最中に現行逮捕いたしました」と容疑者が村の山腹に沿ってマリファナを植え、作物を収穫している間に逮捕したと話しました。

逮捕中に、警察は合計776個のマリファナの植物と1kgを超える収穫した作物を押収し、燃やしたと述べました。

その後、容疑者を州の薬物事務所に送り、法的手続きを行いました。

続けて、Srim警察署長は、取り締まりを継続しているにもかかわらず、マリファナの植物が森林、湖のほとり、山のふもとに違法に植えられていることを指摘しました。

1月だけでも、キリヴォン地区の警察は24のマリファナの栽培を取り締まり、10,000を超える植物を押収し、燃やしました。

Takeo州の薬物対策のMak Serey Vathana局長は、「この容疑者とは別に、仲介人がなければ、容疑者は法律で禁止されているマリファナを栽培するリスクを負わないと考えられるため、他に関与している人はたくさんいると考えています」と州の違法マリファナネットワークの背後にある別の容疑者を捜索するため、被告人に質問していると述べました。

さらに、容疑者は水曜日(2/5)に州裁判所に送られると述べました。