Hun Sen氏日本訪問「成功」

Hun Sen首相は金曜日に、今回の訪問を成功したと述べ、3日間の日本訪問を終えました。

同氏は東京で、第25回アジアの未来に関する国際会議に出席し、日本の指導者たちと会いました。

金曜日にカンボジアに戻る直前に、Hun Sen氏はFacebookの投稿で、「私の日本でのプレゼンは日本人との友情と協力を強化した。」と述べました。

また、「カンボジアの復興を支援してくれた日本政府とその国民、カンボジアに投資し、カンボジア人に何万もの仕事を提供してくれたすべての日本企業に感謝します。」と付け加えました。

金曜日に行われた別のFacebookの投稿で、Hun Sen氏は自身の訪問を「成功」との述べ「国際会議の結果は大成功だった。」と彼は言いました。

代議員大臣のKao Kim Hourn氏は、Hun Sen氏が出発直前に安倍晋三首相と会談し、地域および国際問題について話し合ったと述べました。

彼はまた、両首脳がカンボジアにおける2つのプロジェクト開発のための日本の無償資金協力における約500万ドルの延長に関する協定の署名を目撃したと述べました。

先週の声明で、外務省はコンテナ貨物ステーションの建設を目的とした経済社会開発プログラムの実施に約180万ドル、人的資源プロジェクトの実施に約310万ドルを投入すると発表しました。

Hun Sen氏は、安倍首相との会談中にラオスからプノンペンまでの350キロメートルの送電線の建設を支援するよう日本に要請したとKim氏は述べました。

Kim氏によると、「カンボジアでは今年、暑い気候のため水力発電が停止し電力不足に直面している。」と語りました。 「カンボジアは、これまでに日本の国際協力機構と鉱山エネルギー省によって議論され、提案された350キロメートルの送電線を検討するよう日本に要請したいです。」と述べました。

先週東京で開催されたカンボジア投資セミナーでの基調講演で、Hun Sen氏は1992年以来、日本は28億ドル以上の開発援助イニシアチブを提供してきたと述べました。

カンボジア王立アカデミーの国際関係研究所の事務局長、Kin Phea氏は、Hun Sen氏の日本への訪問は成功したと述べ、「彼の日本訪問は本当に成功したと思います。それは両国間の関係をより高いレベルに高めることができるでしょう。それはまた、時には中国に過度に依存していると非難されているカンボジアの多色外交を強調しています。」と彼は付け加えました。

さらに、Kim氏、Hun Sen氏はカンボジアがKoh Kongに中国の海軍基地を持っていないことを安倍氏に保証したと述べました。

「それに応じて、安倍首相は、海軍基地に関する疑惑を認識しており、カンボジアがその立場を維持することを望んでいると述べた。」と述べました。

Kim氏は日本とカンボジアは、国連安全保障理事会による決議に違反する北朝鮮による核実験について懸念を表明し、「Hun Senは、カンボジアが北朝鮮の核実験によるUNSCの決議に違反していることを明らかにした。」と彼は述べています。

 

出典:クメール・タイムズ