EUと良好な関係を望むカンボジア(10/1)

EUと良好な関係を望むカンボジア

 

Sar Kheng 内務大臣はドイツ政府に対し、カンボジアは欧州連合との良好な関係を望み、武器以外の貿易の地位を保持したいと語りました。

 

Kheng氏は、開発協力を強化し、その行政システムを研究するために、9月24日からドイツへのハイレベルな代表団を率いています。

 

内務省の声明によると、ベルリン滞在中のKheng氏は、ドイツ連邦経済協力開発省のアジア担当ディレクター、Gisela Hammerschmidt氏と会談しました。ドイツ連邦議会の委員会で、ドイツの政治家にEBAスキームについて話しました。

 

「Sar Kheng内相は、連邦議会とその委員会の指導者に欧州連合とのEBA決議について通知しました」と声明は述べました。

 

「彼は、カンボジアが貿易で欧州連合および他のすべての国との良好な関係を維持したいことを強調しました」

 

Kheng氏は、カンボジアは国を内戦に追い込む可能性のある政権交代に関する過去の経験から学んだと述べました。

 

「カンボジアは、今日のようにカンボジアの平和と発展をもたらすリベラルな複数政党制民主主義の原則しかないことを明確に知っています」とKheng氏は付け加えた。

 

政府は、禁止された元野党党員が政治の舞台に戻る道を開くことで、EUをなだめ、EBAの取消を防ぐ動きをしたが、その動きは十分とは見なされませんでした。

 

Gisela氏は、政府が腐敗防止、立法および司法改革、財政管理改革、および行政改革の分野での改革を促進した結果について、カンボジアを称賛しています。

 

※出典:Khmer times