7万ドル未満の取引に対する印紙税の廃止(2/26)

7万ドル未満の取引に対する印紙税の廃止(2/26)

政府は、国の経済成長の維持に貢献するために、1月まで70,000ドル未満のすべての住宅不動産に対する4%の印紙税を免除することを決定しました。

不動産および建設部門での事業活動を促進したいと考えています。一方、政府は、住宅開発者に住宅価格の割引の可能性を検討することも望んでいます。

カンボジア税務総局によると、印紙税は、所有権の移転または不動産の所有権に課されます。

業界のインサイダーは、市場をタイムリーに安定させるためになされた正しい決定であるとして、この動きを歓迎しました。

不動産調査会社VTrust Appraisalの調査部長であるHoem Seiha氏は、このセクターは衰退の兆候を示していないものの、予防策と呼びました。

Hoem氏は、この対策が重要なのは、この分野がコロナウイルスの流行によって影響を受けるリスクを軽減するのに役立つからだと言いました。

70,000ドル未満の取引に対する印紙税の廃止は、手頃な価格の住宅部門と中低層層の大半に利益をもたらすと、大手金融サービス会社であるカンボジア投資管理のグループ最高経営責任者であるアンソニーガリアーノ氏は述べています。

「しかし、これはおそらくわずかな影響しか及ぼさないだろう」と彼は述べ、すでに資産投機が大幅に低下し、価格が下がっているという兆候があると付け加えました。政府は、金利に介入せずに不動産市場を活性化するためのツールを制限していますが、税制刺激策は強力な手段です。

ガリアーノ氏は、欧州連合との武器以外の貿易協定の下で最近推奨された関税選好の部分撤回、CoVid-19によって引き起こされる観光への潜在的な悪影響、またサプライチェーン、現在禁止されている中国人労働者の脱出を引き起こす可能性があると述べたオンラインギャンブルビジネス、2020年に市場に登場するマンション、オフィススペース、小売モールの予想される過剰供給、そして最終的には、全体的な世界的な景気減速により、「完全な嵐」が発生する可能性を述べました。

「それが実現した場合、不動産セクターは重大な課題に直面し、価格は減速し、大幅に短期的に低下する可能性が高い。また。予想される景気後退期に住宅の所有権を奨励するために、政府はカンボジア国立銀行を通じて、金利を引き下げることでさらなる措置を講じる必要があるかもしれない」と彼は主張し、「許可により、2020年に供給を規制することも賢明かもしれません。そのため、在庫は市場の需要と価格の安定化に適応できます」と彼は付け加えました。

※出典:Khmer Times