3人のこどもがPreah Vihear池で溺死(2/7)

3人のこどもがPreah Vihear池で溺死(2/7)

 

Preah Vihear州Choam Ksan地区で火曜日(2/4)、こどもだけで家から50m離れた池で泳いでいたところ、2人の少年と1人の少女が溺死しました。

Morakot長のIm Yeth警察署長は水曜日(2/5)に、これは10歳のChhang Sreykaさんと彼女のいとこであるNov Van(8歳)さん、Nov Chek San(6歳)さんであると特定しました。

火曜日(2/4)の朝、Sreykaさんの両親は彼女をいとこの家に残して農業に行き、3人のこどもたちを祖母が面倒を見ており、祖母は午前10時頃に山焼きをするためにこどもたちを連れて行ったのち、火が制御されると、祖母は昼食を作りに行き、こどもたちは池に遊びに行きましたとYeth警察署長は語りました。

「祖母によると、山焼きの火を消した後、こどもたちは池で泳ぎに行き、昼食を作っていた祖母は、料理を終えた後、こどもたちがまだ家に帰っていないので、心配になり、こどもたちを探しに行きました。そのとき、遊んでいるであろう池も探しに行きましたが、こどもたちはいませんでした。祖母はこどもたちが両親を見つけに行ったのではないかと疑い、両親に話しに行きましたが、両親もこどもを見ていませんでした。万が一を考え、祖母たちは急いで池に行き、確認したところ、3人全員が溺死していることを発見しました」とYeth警察署長は詳細を語りました。

今年起きた別の溺死事件でいうと、チョアム・クサン地区のO Seng警察署長は、1月2日、地方警察官のニブ・ソカとキム・ビチャンラが、プリントム・コミューンの木製の橋をバイクで渡っていたところ、橋が落ち、溺死したと伝えました。

※出典:The Phnom Penh Post