2019年に国外追放された外国人の数が1,500を上回る(2/4)

2019年に国外追放された外国人の数が1,500を上回る(2/4)

木曜日(1/31)に入国管理総局から発表された報告書によると、昨年63カ国から1,533人の外国人をさまざまな犯罪で国外追放されました。

2020年の計画を立てるために提出されたこの報告書は、国外追放された外国人のリストのトップは1,013人で中国人であることを示し、続いてタイ人(220)、ベトナム人(149)、ナイジェリア人(94)、インド人(31)、韓国人(25)およびアメリカ人(17)であることも述べました。

国外追放者が犯した犯罪には、オンラインギャンブル(890)、パスポート違反(242)、ビザ違反(126)、麻薬犯罪(200)が含まれます。

「カンボジアは、周辺地域の他の国や他の先進国と違いはありません。違法者は常に存在します。法的書類なしでカンボジアに入国したり、パスポートなしで滞在したり、ビザの制限を超えたり、他の国で法的処罰を免れた​​りした場合が多いです。」

2014年の設立以来、入国管理局は、言及された犯罪による16,200人の外国人の国外追放を監督していると述べましたた。

同省はまた、カンボジア人を海外への人身売買から保護するために、昨年、内務省は1,928人のカンボジア人との結婚を提案した外国人を調べ、違反がないかを確認したと述べました。

さらに、538件の犯罪が昨年1,802人の外国人によって犯されたことに留意しました。

国会議長のカース・チャンタリス局長は、地元当局も米国大使館に対する脅威を提起したとの助言を受けた後、米国がカンボジアの当局に大使館を爆撃することができると伝えたので、上陸後すぐに米国に送り返したと、米国国民への入国を拒否したと述べました。

「実際に爆撃は発生しませんでしたが、私たちはこの情報を米国から受け取り、悪意を持っていたことを確認したため、私たちはその人のカンボジア入国を許可しませんでした。」

※出典:The Phnom Penh Post