首相は職員に鳥インフルエンザの侵入を防ぐよう命令(2/19)

首相は職員に鳥インフルエンザの侵入を防ぐよう命令(2/19)

フン・セン首相は昨日(2/18)、関連する省庁および機関に対し、現在ベトナム南部で感染が拡大しているH5N1型鳥インフルエンザの流行を予防するよう助言しました。

プノンペンでの卒業式でフン・セン首相は、鳥インフルエンザが現在ベトナム南部に広がりつつあり、関係省庁はこの侵入を防ぐための対策を講じなければならないと述べました。

しかし、フン・セン氏は、ベトナムを襲ったアフリカ豚コレラの拡散を防ぐために何千頭もの豚を殺処分した過去のように、病気が他の地域や国に広がるのを防ぐために責任を取ることを信じていると言いました。

首相はまた、スピーチの中で、「化学物質を使用せずに作物を栽培し、一部の化学物質を含む国外からの輸入を削減するよう、人々に奨励する必要があります」と農業省に対し、国内需要を満たし、輸入を削減するために、さまざまな作物や家畜の栽培を増やす農民の能力を強化することも付け加えました。

ベトナムの州の家畜および動物衛生局は、カウケ地区の2つの村の家禽が鳥インフルエンザウイルスの陽性であり、約1,000羽の鶏が殺処分されたことを確認しました。

ベトナム通信社は、ベトナムは過去21日間で16回の鳥インフルエンザの発生を報告しており、55,000以上の家禽が殺処分されたと付け加えました。

フン・セン氏の指示に従い、昨日(2/18)、農業大臣のベン・サコーン氏は、鳥インフルエンザがカンボジアに広がるのを防ぐための措置を講じるように当局に指示を出しました。

指令で、彼は、ベトナムに隣接する州の農業部門の職員に、地方自治体と協力して管理措置を強化し、国境を越えて空港からの違法鳥や鳥製品の輸入を防ぐように助言しました。

公式は、すべての養鶏場と屠殺場でのバイオセキュリティ対策の実施を徹底的に強化し、全国の鳥の健康の監視を強化し、鳥インフルエンザの発生の疑いのあるケースでは迅速な行動を取る必要があります。

また、動物衛生証明書を発行する前に、家禽の健康と衛生を慎重に確認し、衛生の実践における州の農民の教育を強化するよう当局に助言しました。

さらに公式による指令では、「ベトナム側と協力して、この病気を迅速かつ効果的に予防するために、鳥インフルエンザと鳥や家禽製品の輸送に関する情報を交換しなければならない」と付け加えました。

※出典:Khmer Times