電気通信会社の未払金問題(4/22)

カンボジア政府は5月末までに電気通信会社に収入を分け合い、王国の各省庁への未払いの借金を解決するための発表を出しました。

 

経済財務省と郵政省が共同で発表した4月11日の発表によると、カンボジアの電気通信会社は、処罰を避けるために5月31日までに省庁に支払われるべき「債務を解決する」ということです。

 

この発表によると、企業が借金を払っていない場合、政府はさまざまなメディアチャネルを介して、準拠していないすべての通信事業者を公に名前を挙げて恥じをかかせるようです。

 

また政府は、企業の銀行口座の凍結や輸出入活動、通信手段の制限、公共調達活動の禁止、運転免許証や無線周波数免許を含む免許の停止または撤回などの法的措置をとり、最終的に訴訟の過程で、訴訟が裁判所に提起される予定があるということです。

 

カンボジアでの固定ブロードバンド、モバイルブロードバンド、インターネットサービスプロバイダーを含む電気通信は、郵政省により規制されています。

 

 

王国の電気通信会社は、政府に対する未払い債務の長い歴史を持っており、未払いの結果として、2000年代初頭以降、当局は何百万もの収入の損失を被っています。

 

 

カンボジアの通信規制当局(TRC)スポークスマンIm Vutha氏は、収入シェアと負債は、各社固有の営業ライセンスに基づいて政府に支払われる未払いの規制手数料に関連すると述べました。

 

 

そして政府の収入と部門の幸福を高めるためには、彼ら全員が協力して規制に従う必要があるということを強調しました。

 

出典:Phnom Penh Post