警察が児童虐待の容疑者の逮捕に取り組む(8月29日)

警察が児童虐待の容疑者の逮捕に取り組む(829日)

国家警察は、米国からカンボジアに逃れた児童虐待の容疑者の逮捕を目指しています。

木曜日、内務省のKhieu Sopheak広報部長は、米国大使館からWilliam David brenner容疑者を子供への性的虐待で逮捕しようとしていると通知を受けました。

Gen Sopheak元副首相は、「警察は今、逮捕にむけて取り組んでいる」「カンボジアの米国地域安全保障局は同容疑者を逮捕するように一般移民局に要請した」と述べました。

昨日、入手された文書によると、同容疑者はPreah Sihanouk州に潜伏している疑いがあります。

同容疑者は、有効な旅行書類がなく、移民法に違反しています。

昨日、元国家安全保証局のSok Phal長官は、通知を受け取り、移民局が同容疑者を逮捕するために警察と協力していると発表しました。

米国大使館Arend Zwartjes広報担当は、この件についてコメントすることを拒否しました。

APLE(子供のための活動)の代表者であるSamleang Seila氏は、昨日、カンボジアで同容疑者が犯罪を犯す前に、逮捕するよう警察に要請し、「私たちはいつもカンボジアの子供たちを心配している」「警察は同容疑者の犯罪を未然に防がなければならない」と述べました。

Chou Bun Eng内務省児童保護担当官は、同容疑者は間も無く逮捕されるだろうと述べました。

出典:KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。