観光 省、 観光 促進のためコンテスト開催(5月25日)

 観光 省、 観光 促進のためコンテスト開催(5月25日)

 観光 相は昨日、国全体の 観光 サービスの質向上と 観光 客へのサービス提供の拡大を目的としたコンテストを開催すると発表しました。

 観光 省のChea Bora国務長官は、昨日開催された 観光 に関するワークショップにて、今年初の試みとして「ベストリゾートコンテスト」と「ベストツーリズムコミュニティコンテスト」を開催することを発表しました。このコンテストにより、カンボジア 観光 産業基準向上を行うつもりです。

同氏によると、国内の都市全域での大量ゴミ問題のような、カンボジア 観光 産業が直面している数々の大きな課題に取り組むためにも、このような種類のイベントは必要不可欠だ、とのことです。

「 観光 地の適切な管理についてはまだ多くの課題がある、ゴミ問題はその主要なものの一つだ」とBora氏は述べました。

このような挑戦にもかかわらず、国内インフラ整備や旅行者の安全性向上の観点から見た 観光 産業の更なる成長は紛れもないものであると付け加えました。

Chuk Chumnor氏(文化 観光 とリゾート部門のディレクター)によると、コンテストに参加する各リゾートや 観光 コミュニティは、管理業務、環境に対する人間の有害な影響(例:排気ガス)、安全基準や顧客満足度のような旅行者にとって有意義な情報をどれくらい提示できるかに基づいて評価される、とのことです。

両コンテストへの応募は開始されており、12月に受賞者が発表されます。受賞者は、高い質のサービスを認める証明書を得られるでしょう。

Koh KongにあるChi Ohatコミュニティ(環境保護活動に力を入れているコミュニティ)のMeas Chamnap会長は、このようなコンテストに向けて、より質向上に努め、より高い目標を立てるよう促している、と語りました。

「私たちは他のコミュニティと競争する準備を進めており、コンテストに向けて最善を尽くすつもりだ」と同氏は述べました。「このコンテストに参加することで、地元の皆さんにはもちろん多国籍の旅行者みなさんにとって、私たちのコミュニティをより魅力的なものにしたいと考えている」

また今回はビデオコンテストも開催され、参加するコミュニティにはカンボジアのエコツーリズムに取り組むよう求められます。観光省トップは、ビデオは特に学生の作品を奨励していますが、誰でも提出可能です。

受賞者は、ビデオ掲載先のFacebook上での「いいね」数に基づいて決定され、上位3チームに賞金が与えられます。

 観光 省によると、カンボジアには現在400ものリゾートと56もの環境コミュニティがあります。

昨年の外国人 観光 客は前年比14%増加し560万人に達しました。2020年までに政府は700万人以上の旅行者を迎えることを目指しているようです。

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。