新型コロナウイルスはピークを迎えたのかどうか(2/12)

新型コロナウイルスはピークを迎えたかどうか(2/12)

日本では、横浜のダイヤモンドプリンセスクルーズ船に乗船した6人以上の人が新型コロナウィルスの陽性とされたと政府は日曜日(2/9)に述べ、専門家は発生がピークに達しているかどうかを熟考していると述べました。

さらに、伝えられるところによれば、約100人が発熱を含む身体的問題を訴えています。

医療機関は、船の3,700人の乗客のうち336人を検査しました。

日曜日(2/9)の夕方の時点で、日本で確認された症例の総数は、ダイヤモンドプリンセスクルーズ船の70人を含む96にんでした。

香港に下船した乗客が肺炎を引き起こすウイルスに感染していることが判明したため、クルーズ船は検疫下に置かれました。

船上でのものを含めると、日本では中国に続き2番目に多くの新型コロナウィルスの確定症例を確認しています。NHKによると、シンガポールは40件で3番目、タイは32件、韓国は27件、香港は26件です。

日本政府は、世界保健機関の指導に従って、統計上の合計の数値に船内の70人を含めていません。この解釈では、確認された新型コロナウィルス感染者の日本の合計は26人です。

ミシガン大学公衆衛生学部の疫学教授であるジョセフ・アイゼンバーグ教授は、「報告された症例がピークに達している場合でも、報告されていない症例で何が起こっているのかはわかりません」と流行がピークに達しているかどうかを言うのは時期尚早だと言いました。

※出典:Khmer Times