政府は新たな区の創造主(1月28日)

政府は新たな区の創造主(1月28日)

フン・セン首相は先週、Sar Kheng内務大臣の要望もあり、プノンペンの2つの区を新たに創設するという、2つの閣僚会議令を発した。

昨日Khemr Timesが入手した別の閣僚会議令によると、Boeng Keng Kang I、Boeng Keng Kang III、Boeng Keng Kang III、Olympic、Tomnop Tek、Tuol Svay Prey I、およびTuol Svay Prey IIがBoeng Keng Kang区として再編成される予定です。

Olympic、Tomnop Toek、Tuol Svay Prey I およびToul Svay Prey II は現在Chamkar Mon区に属していますが、これらは新しいBoeng Keng Kang区の構成地区となります。

新たに設立されるKambol区には、Por Senchey区から6つの地区が、Dangkao区から1つの地区が編成されます。

これらの地区とは、Kambol、Kantork、Ovlork、Snao、Phloeung Chheh Roteh、Boeng ThomそしてPrateah Langです。

内務省の総務部長であるPrak Sam Oeun氏は昨日、最適な準国家レベルでの効率性を確保するために、再編成が必要なのだと述べました。

「まず我々は、これら2つの地域における人口の増加に気づきました。次に、再編成によって公共サービスの快適な利用が可能になり、さらに保安隊が社会問題に取り組めるようにもなります。」

彼は、同省は5月までに、新しい地域で働いてくれる潜在的な公務員を募集する手配も進めていると付け加えました。

閣僚会議令によると、Boeng Keng Kang区とKambol区はそれぞれ17人の議員で構成されるといいます。

市役所の広報担当者であるMet Meas氏は昨日、当局者たちは関係者たちと会議を開き、この新しい2つの地区を管理するための枠組みを整えていくと述べました。

出典:Khemr Times